仕事への情熱

微細な部品などで構成された機械装置を称して、精密機械と言いますが、古くは時計やオルゴール、カメラなどの機械装置の全般を指すことが多くありました。 最近は、その機械装置と電子工学的装置を融合させ、展開する技術分野などとしてメカトロニクスなどがあります。

理想の仕事に

大きな仕事に携わる意識の高さが必須で、自分自身で吸収していく態勢を整えられる人に向いています。 努力家で堅実な感性は、周囲の人との協調性を保ち易く、若い間から重宝がられる人材になることを自負しておくべきです。 その結果、理想とする仕事に就くことができます。

後悔のある体調管理

どんな仕事でも、考え方次第で輝きを増すものです。 就職後、早々に離職してしまうのは何故でしょうか。 就職活動に失敗したとか、不本意であったとか、情熱が失われたとか。 実際は体調の悪さからの不眠などで離職を決意していて、自分の思いとは全く別の原因からの状況変化だけは、避けたいものです。

精密機械設計

精密機器として、高度化した精密な電子機器などは、ハイテク分野の製品も含まれます。
精密機械の機械設計は、製品の企画や工業デザインなどを元にして、イメージどおりに実際の形にして機械設計を行うことです。
機械設計の行程では、概念設計と基本設計と詳細設計とプロトタイプ試作となります。
機械設計者として仕事に携わるためには、機械工学の専門知識を主にした能力が必須です。
また、業務を合理的に遂行するためにパソコンスキルやコミュニケーションスキルなどが無ければ支障があり、製品の需要や目的を確実に察知するためにも必要です。
機械設計に関する資格試験,CADに関わる技術者の資格試験などを取得しておくことで、上司からも仕事について総括的な把握が可能な部下とされ、実践向きに仕事への意識の方向性をつかむことで、企業に求められる人材を目指せます。
資格で得られる基本的な知識を実務に生かせるスキルに繋げるためにも、上司の意向をすぐさま理解し、培った知識や技術を応用する能力も求められています。
自らの得意分野や、仕事の遂行能力を高めていけるセンスなど、未知の可能性を示すためにも、現状の能力を伸ばす体力や気力も大切です。
自分一人ですべてを進めていける仕事ではないため、部署で協力しあったり、同僚とお互いに話し合って優れたプランを捻出し、会社の技術革新に協力する積極性も、社会性に引き継がれます。
コツコツ地道に仕事をする粘り強さや継続性が、役に立ちます。