精密機械に携わる仕事に就くにはどうすればいい?

>

仕事への情熱

基準外が必要

機械・電子機器設計は、機械や電子機器の製品製造の設計を行うことで、二次元CADや三次元CADを使って図面設計やコスト計算、スケジュール管理、不具合の修正などの仕事です。
幅広く、専門性も求められ、持続的な努力や臨機応変な対処に関わる変更などに常に前向きに検討する能力があることが求められる職種です。
機械と考えると、国内海外の巨大プラントや重機などから、一般機械や精密機械などにわたってとても幅広く、分野別の専門知識が優先されます。
プラント設計のような大きな仕事となれば、設備全般のレイアウトや建築、電力設備、装置の設計等まで、巨大プロジェクトチームの一人として歯車的な働き方が主体です。
プロジェクトを成し遂げることにもなり、チャンスでもあります。

専門分野から繋ぐ

製造全般に必要な仕様をトータルに判断。
リアルな生産作業や量産など生産コスト、生産能力や体制なども的確に勘案しながら、視野を広げていける人材にならなくては意味がありません。
能力やスキルは、設計する対象への特別な専門知識が必要で、実質的には大学の就職先などで調べるとよくわかります。
機械設計は、機械工学や素材、デザインなどの知識を土台とし、実務ではCADやCAMの使用をしないわけにはいかないため、専門知識や経験を大いに生かしていくつもりで取り組むことも重要です。
社会人でもあるので、新しく発案して考え出し実用化するための研究や事業を成功させることで実利があることを、認識することで将来に繋げていくことが大切です。


この記事をシェアする