精密機械に携わる仕事に就くにはどうすればいい?

>

理想の仕事に

スキルアップに繋いでおく

自己啓発やスキルアップと言っても見当もつかないとか、設計を学ぶにつき何から勉強すればいいかわからない、先輩設計者の意図や話がうまく理解できずに戸惑うのが困る、現状の設計の流れがわからないし疑義が多い、指導者がなく自発的に進めてほしいと丸投げされて体系的にも不安があるなど。
設計経験が浅いと、社会生活の面の不安の方が大きくなり、業務に対する短絡的な発想で心まで閉じてしまいがちです。
所謂、仕事の悩みが始まった状態です。
初心者が、誰の力も借りずに効率的に育っていくためには、設計をトータルに知識として学ぶことで、自然に解決法が生まれます。
知識を得ていて無駄なことは一つもありません。
技術的な、実務の向上も必須です。

意識を高める

専門知識も、実務との繋がりをもっと理解でき、積極的に企画していく力をつけると、業務遂行がスピードアップします。
絶えず理論的なことからの確認で、仕事の失敗も減らせます。
いつも様々なプランを考えておくだけでも、業務にプラスになることを覚えておくとラッキーです。
人と同じ努力をしても負けてしまいます。
決められた時間に精一杯の仕事をこなす合理性も必要ですが、その後の隙間時間に何を考え何をしていこうと思うかによっても、状況が変わることと同じです。
働くことのできる時間は限られていて、その間に自分が何を成し遂げられ、成果がどのくらい出て、会社や社会に貢献できているか等も、人としては大切な要因です。
モチベーションに繋がるからです。


この記事をシェアする